ページ

25.10.14

【jaih-s総会ユースフォーラム2014】第8回:花子とアンみましたか?


こんにちは。総会班、金沢医科大学医学部の桑島由佳です。
金沢は本格的に寒くなってまいりました!冬の味覚が楽しみです・・・♪

さて、11月2、3日の総会ユースフォーラムまで残すところあと1週間となりました!!
事前申し込みは終わってしまいましたが、当日参加される方もお待ちしております。

当日参加の詳細に関しては以下のサイトをご参照ください。




総会ユースフォーラム2014、総会班メンバーによるjaih-sブログリレーも最後になりました!
今回のテーマは「最近感動したこと」についてです。

最近感動したこと。。。それはNHKの朝ドラ「花子とアン」です。リアルタイムでは見られなかったので、録画をちまちまとみているのですが、これが、結構、泣けるのです。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、「花子とアン」は「赤毛のアン」など英米児童文学の日本語訳をし、翻訳家として活躍した村岡花子の半生をもとにしたドラマです。
私の母校が主人公、花子の母校と同じであり、花子の青春時代の舞台として描かれていることがこのドラマをみるきっかけとなりました。

ドラマを通じて1番驚いたことは、学校の校風が花子の在籍していた明治時代から現在までずっと変わっていないことです。
その校風の基礎となっているのが、互いを認め合う精神。

ドラマの中で花子はお金がなく、給仕生として入学するのですが、花子をいじめる人はでてきません。
そう、物語は花子が貧乏ながらも努力と根性で女子校を卒業していく「逆境乗り越えストーリー」ではないのです。
むしろ、花子が、年も身分も全く正反対の蓮子と出会い、腹心の友になっていくのです。
そして花子は「英語」という自分の宝物をみつけ、それを武器に自分の道を切り開いていきます。
この精神と、凛とした芯の強さ。まさに母校らしく描いていただいたなぁと、ほっこり嬉しく思いました。

一方で、自分を鑑みるといつまでもふにゃふにゃしていて、卒業生失格だなと。
そんな私に「花子とアン」は、母校で培った大切なことをもう一度思い出させてくれました。

ところで、この母校の精神の一つ「互いを認め合う」ことですが、
家族、友人はもちろんのこと、これから国際化が進む社会の中でとても大切なスキルになると思いませんか。
言葉や宗教、思想が違っても、まずはありのままを認め、相手を大切にすること。
誰にでも苦手なものはあるし、好きなものもある。国も同じです。
すべては相手を認めること、まずはそこから始まるのだと思います。

さて、最後になりますが、私がドラマで最も感動したセリフをご紹介したいと思います。
場所は花子の卒業式。カナダ人であるブラックバーン校長が、生徒たちへのはなむけの言葉を述べ、それを花子が訳す場面です。

*******************************************************************************
My girls!
Grow old along with me, the best is yet to be.

If some decade later, you look back on your time with us here
and you feel that these were  the happiest days of your life,
then I must say your education will have been a failure.

Life must improve as it takes its course.

Your youth you spend in preparation
because the best things are never in the past, but in the future.

I hope that you pursue life, and hold onto your hope and your dream
until the very end of the journey.

わたしの愛する生徒たちよ
我とともに老いよ、最上のものは、なお後にきたる。
今から何十年後かにあなた方がこの学校生活を思い出して、
あの時代が一番幸せだった、楽しかったと心の底から感じるのなら、
わたしはこの学校の教育が失敗だったと言わなければなりません。
人生は進歩です。
若い時代は準備のときであり、最上のものは過去にあるのではなく将来にあります。
旅路の最後まで、希望と理想を持ち続け進んでいくものでありますように。

********************************************************************************

何度読んでも、ぐっときてしまいます。
あの頃が一番よかったと、若者相手に語るおばあちゃんにならないように。
自戒をこめて。

以上、最近の感動話!でした!


総会ユースフォーラムでは、それこそ世代を超えて学生から社会人まで、また業種の垣根もなく
国際保健医療に興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。
どうぞ、11月初めの連休、お立ち寄りくださいませ。

☆総会ユースフォーラム2014 概要☆
【テーマ】夢を未来に あなたを世界へ ~多様な視点から考える10年後の国際保健医療~
【日時】2014年11月2日(日) 8:30~19:05
       11月3日(月・祝)8:30~15:00
【会場】独立行政法人 国立国際医療研究センター(東京都新宿区戸山1-21-1)
    研究棟地下AB会議室
【参加費】当日申込参加費(学生) 3000円

0 件のコメント:

コメントを投稿