ページ

8.8.14

【jaih-s総会ユースフォーラム2014】第3回:私が国際保健医療に興味をもったきっかけ

いつもブログを読んで下さっている方々、ありがとうございます!
初めてブログを読んで下さった方々、初めまして!
総会ユースフォーラム事務局の木部万愛です(*^_^*)

総会ユースフォーラム事務局メンバーによるブログリレー第一弾☆の今回は、「私が国際保健医療に興味を持ったきっかけ」をテーマにブログを書きたいと思います!

さて、皆さんは周りの人に
「国際保健医療の仕事に興味を持ったのには、何かきっかけがあるの?」
「どうして途上国で働きたいの?」
なんて言われたこと、ありませんか?
私はあります。
そして、そのたびにすごく困っていました。
きっかけは何だっけ、何で私は日本じゃなくて途上国で働きたいと思っているんだろう…?

そう、今回のブログのテーマは「私が国際保健医療に興味を持ったきっかけ」としましたが、
実は私は、自分が国際保健医療に興味を持ったきっかけが良く分かっていないのです。
もしかしたらこれかな?と思い当たるものはいくつかあります。
例えば、ピューリッツァー賞を受賞した例の有名な写真とかホームステイとかインターンとか…
でもどれも、それがあったから急に私の世界が変わりました!という感じではないのです。

そして、さらに言ってしまえば、途上国のために働きたい理由も良く分かっていませんでした。
貧しい人々のため、困っている人々のため。
それはそうなのですが、日本にも貧しい人、困っている人はいて、私は英語がペラペラな訳でもなく、国際情勢に精通している訳でもないから、日本で働いた方がむしろ自分を活かせるかもしれない。

一時期、こんなふうに私は悩んでいました。
いわば、自分が国際保健医療分野を目指すルーツが分からなくなってしまったのだと思います。
そして、海外経験がなく語学能力が低いことや国際保健に関する知識不足など、ハンデも多いせいか、国際保健医療に携わりたいという気持ちがいつしか消えていってしまいました。

それでも少しは気になっていて、国際関係の仕事をしている友人や、それに向かって頑張っている友人をみて羨ましく感じていました。

そしてあるときふと、何となくでいいや、好きだからでいいや!という結論に至りました。
きっかけなんてなくても、「きちんとした理由」がなくても、ハンデが多くても、良いんじゃないでしょうか?
気がついたら、好きだから、やりたいから、がんばる!
壁は高いですが、「好き」という気持ちを大切に、自分のために自分の夢を実現することを目指せば、少しずつ前進していける気がするのです。

さて、このブログを読んで下さっているみなさん、あなたの「きっかけ」や「理由」はなんでしょうか?
じっくり考えてみるとそれがはっきり分かる人は案外少なくて、そして私のようにそれに悩んでしまっている人もいるんじゃないのかなと思って、今回のブログを書きました。

でも、悩んで考えて、みんなきっと最終的には「好きだから」って結論にたどりつくと思うのです。
悩むことも多いですが、その気持ちがあればきっと頑張っていけるはずです。

それでも、もし一人で頑張るのがつらくなったら、同じ志を持った仲間と励まし合いましょう!
そんな仲間が今周りにいないのなら、総会ユースフォーラムで作りましょう^^☆

…と、無理やり宣伝をしたところで、私のブログは終わります(・∀・)
読んで下さってありがとうございました♪

次回の担当は8/21総会ユースフォーラム事務局リーダーのあやかです!
テーマは…まだ秘密ですが必ず面白くてためになるブログになると思いますので、みなさまぜひ遊びに来てください(・ω<)

0 件のコメント:

コメントを投稿