ページ

30.1.14

【2/9(日)星槎グループ共催企画のお知らせ】#2


 

こんにちは!jaih-s勉強会班Bの東邦大学看護学部2年の大野裕理果です。

いつもjaih-sブログをご覧いただき、ありがとうございます♪

 

寒い寒い1月も、もう終わりという所で、感染症の流行がピークを迎えています!みなさま風邪などひかれていませんか(>_<)??何かと忙しい時期ですので、お体を大切にお過ごしください。

 
あ、とっても私事ですが113日に成人式を迎えました。お天気にも恵まれ、とても良い思い出になりました(*’ω’*)♪ここまで本当に沢山の人に支えられてきたことを改めて感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。皆様どうぞ今後とも宜しくお願い致します。

 

さて、ご挨拶が長くなりましたが、本日は私どもが企画しております、


~ポストMDGsを見据えて~』のご案内パート2です!(ここからが大切です!()

 

☆企画概要☆


‥…━━━☆‥…━━━☆‥…━━━☆‥…━━━☆

星槎グループ共催企画

「きらきら輝く子どもの未来へ

~ポストMDGsを見据えて~」

日時:201429日(日)12:3018:40

場所:星槎中学高等学校(神奈川県横浜市)

⇒最寄駅のJR横浜線の「十日市場駅」より無料の送迎バスが出ます♪

参加資格:

参加費:500

☆お申込みはこちらをクリック☆
‥…━━━☆‥…━━━☆‥…━━━☆‥…━━━☆

みなさんにどうしても来てほしいので、ド派手です!

チカチカしたらすみません()

 

今日は本勉強会で見据える「MDGs」についてお話を少しさせていただきます。

☆そもそもMDGsとは?☆

MDGs(ミレニアム開発目標)は2000年に国連が189か国の政府の合意のもとに策定された、「貧困の撲滅」と「人々のwell-being(良好な状態)の向上」のために2015年までに達成するべき8つの目標と21のターゲットを掲げたものです。

特徴としては、達成期限が決まっており、具体的な数値目標があることで目標の成果を評価できることができます。また、経済開発よりも人間の人権に重きを置いた目標になっています。

 

MDGs 8つの目標☆

MDGs1:極度の貧困と飢餓の撲滅

MDGs2:普遍的初等教育の達成

MDGs3:ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上

MDGs4:乳幼児死亡率の削減

MDGs5:妊産婦の健康の改善

MDGs6HIV/AIDS、マラリアやその他の疾患の蔓延防止

MDGs7:環境の持続可能性の確保

MDGs8:開発のためのグローバル・パートナーシップの推進

 

 と、ここまで基礎的な知識をお届けしたわけですが、達成目標の2015年はもう来年のことです。実際にこの目標は達成できているのでしょうか?

 

現時点ではMDGs1は途上国において半減させることができる見込みとなっています。しかしながらMDGs3~6の保健分野において達成できていない目標が明らかになってきています。当然のことながら達成期限が来たからと言って諦めるわけにはいきません。

 

そこで、2015年以降の目標を定めるポストMDGsにむけた動きが活発になっています。さらに、貧困層の人達の中で障碍者が多くの割合を占めているということから、昨年9月には、国連主催のハイレベル会合で初めて障碍分野に言及した『2015年以降に向けた障害者を包摂する開発アジェンダ』がニューヨークで発表されました。これには「尊厳ある人生をすべての人に」という主張のもとに、障碍者の社会参加のための視点が具体的に盛り込まれました。

 

つまり、何が言いたいかと言いますと・・・

今、障碍児の保健と母子保健の現状と展望を学ぶことで、私たちもMDGsの達成への更なる一歩を踏み出し、さらにその先を考えることのできるステキな国際保健人になれる!ということです!

 

 

と、長々と書いてしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございます。

読んでくれた人が国際保健医療に興味を持ち、そして何より、29星槎グループ共催企画「きらきら輝く子どもの未来へ~ポストMDGsを見据えて~」に参加してほしいです。というストレートな私もとい、勉強会班B一同よりのお願いです。

 

ぜひお友達、先輩、後輩お誘いあわせの上、

お申し込みください♪

皆様に会えることを心より楽しみにしております(*’ω’*)

 

 

本イベントに関するお問い合わせは以下のアドレスにメールでお願いいたします。

星槎グループ共催企画「きらきら輝く子どもの未来へ~ポストMDGsを見据えて~」企画担当

symposiumjaih-s.netを小文字の@に直してお送りください)

*ご連絡の際は、件名の最初に【星槎企画】と記載してください。

 

☆勉強会の情報については、jaih-sHPfacebooktwitter等で随時お知らせしていきますので、ぜひチェックしてみてください♪



twitter@jaih_s

 

22.1.14


こんにちは!

 

勉強会班A、福岡女子大学3年の松崎凜子です!

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は前回に引き続き、勉強会班Aの企画の紹介をしたいと思います!

 

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚

37 jaih-s国際協力ワークショップ@島根

~誰にでもわかる国際保健~「ジェンダー」

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚

 

【概要】

■日時:201421日(土)13:0017:30 (開場 12:30

■場所:島根大学出雲キャンパス(医学部・医学部附属病院) 看護学科棟N12講義室

■定員:40名(先着順)

■参加費:500

■講師:仲佐保先生(国立国際医療研究センター国際医療協力部国際派遣センター長)

■お申し込み先:http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=130【概要】
■日時:201421日(土)13:3018:00 (開場 13:00
■場所:島根大学出雲キャンパス(医学部・医学部附属病院) 看護学科棟N12講義室
■定員:40名(先着順)
■参加費:500
■講師:仲佐保先生(国立国際医療研究センター国際医療協力部国際派遣センター長)
■お申し込み先:http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=130

 

講師に仲佐保先生(独立行政法人国立国際医療研究センター国際医療協力部国際派遣センター長)をお迎えして、「ジェンダー」をテーマに勉強会を開催します!

 

仲佐保先生は、国立国際医療センター研修医・レジデントを経て1981年の第八次カンボジア難民救援医療チームにて派遣された後、当センター国際医療協力部に所属し、ボリビア、パキスタン、ホンジュラスなどで、長期専門家、リーダーとして活躍されてきました。現在、国立国際医療研究センター国際医療協力部 国際派遣センター長を務めていらっしゃいます。

 

先生の現地でのご経験も交えて、国際保健の分野における「ジェンダー」とはどのようなことなのか、国際保健の最先端でどのような「ジェンダー」に関わる問題があるのか、一緒に学びませんか?講義とワークショップが一緒になった勉強会で、島根の雪も溶かす?熱い一日を過ごしましょう!

そして、出雲といえば、出雲大社!?縁結びの地で皆さまと素敵な「縁」を結べたらと思っています( *´艸`)笑 皆さまのご参加を心より楽しみにしています!

 

また、Facebookでもお知らせしましたが、プログラムが全体的に30分早くなっております。下記に新しいプログラムを記しておりますので、ご参加予定の方や参加をご検討中の方は見てみてくださいね!

=======================================

時間       プログラム

12:3013:00 (30) 受付開始

13:0013:10 (10) オープニング

13:1013:30 (20) アイスブレーク 身の回りのジェンダーについて考えよう!

13:3014:10 (40) 第一部 講義 「ジェンダーとは/途上国におけるジェンダーの現状」

14:1014:20 (10) 休憩

14:2015:50 (90) 第二部 ワークショップ 「ジェンダーにおける問題点とその解決策」

15:5016:00 (10) 休憩

16:0016:40 (40) ワークショップ発表

16:4016:55 (15) まとめ「実際の援助の事例について」

16:5517:00 (5)   写真撮影

17:0017:10 (20) アンケート記入、マッチング紹介

17:1017:20 (10) クロージング

17:2017:30 (10) 終了

=======================================

 

 

19.1.14

【西日本地方会ユースフォーラム紹介 第1弾】

西日本地方会ユースフォーラム紹介 第1
 
 
 
jaih-sブログをご覧の皆様
9期前半勉強会班B担当、藤田保健衛生大学の佐藤哲郎です(^.^)
 
いや~寒いですね。もうすぐ暦の上でも1年で最も寒いと言われる
大寒を迎えるわけですが、名前を聞いただけで寒いですね(^_^;)
今回はそんな寒さをブッ飛ばすほどのアツさを持つ、
私たちの班の企画紹介…は第二弾で講義担当のノブに任せるとして、
僕は西日本地方会を紹介させてもらうために参上しました!!
 
jaih-sといったら、なんといっても学会の学生部会なわけですから、
縦横の繋がりが最大の魅力ですよね(^v^)
そんなjaih-sだからこそできる企画が
今回ご紹介する西日本地方会ユースフォーラムです!!
 
まず経緯を説明しますと、私たちjaih-sの母体である日本国際保健医療学会(JAIH)は、
年に1度の間隔で総会、東日本地方会、西日本地方会を開催しております。
その西日本地方会が今年度は、私の住んでる愛知で開催されるのですヽ(^o^)丿
 
 
日本国際保健医療学会 第32回西日本地方会
<開催日>2014/3/8 10:0017:30
ユースフォーラム 12:00~14:00
<会場>愛知医科大学http://www.aichi-med-u.ac.jp/jaihw-32/access2.html
<テーマ>豊かな多様性の中で創る人々の健康
<参加費>一般1500円、学生1000円(学生受付はjaih-sが担当です)、懇親会費3000
※地方会とユースフォーラムにご参加いただけます。
<大会HP>http://www.aichi-med-u.ac.jp/jaihw-32/index.html
 
 
そして私たち学生部会jaih-sは会場の一角をお借りして
ユースフォーラムを開催します!!
簡単に説明しますと、2時間で愛知県で特に問題となっている
在日外国人の医療アクセスに関しての
講演・WSを計画しております。
私事で恐縮ですが団地に下宿している関係で、隣近所に住んでいるブラジル人や
中国人がちゃんと医療機関を受診できているのか非常に興味深いところであります!
 
ユースフォーラムについての詳細はコチラをご覧ください↓
 http://www.aichi-med-u.ac.jp/jaihw-32/index.html
 
普段見逃しがちな途上国に行かなくてもできる国際保健医療、在日外国人問題。
その講演(ユースフォーラム)を聴くことによって拡がる、同じ志をもつ学生との繋がり
同時開催の西日本地方会に参加することで得られる、ロールモデルとなる先生との繋がり
一石二鳥にも三鳥にもなるこの企画、
見逃すと後悔することをお約束します。
 
 
本イベントに関するお問い合わせは以下のアドレスへのメールでお願いします。
chihokai-westjaih-s.net(☆を小文字の@に直してお送りください)
※ご連絡の際は、件名のタイトルに【西日本地方会ユースフォーラムについて】と
記載をお願いします。
 
また勉強会の情報については、jaih-sHPFacebookTwitter等で
随時お知らせしていきますので、是非チェックしてみてください!!