ページ

30.10.13

jaih-s総会ユースフォーラムのお知らせ】#5
 
jaih-sブログをご覧の皆さま

こんにちは!
 
総会班のまつりんです。
 
 
総会まで残すところ3日となりました!
 
ただただ台風が来ないことを祈るばかりです!
 
今回はシンポジウムについて書いていきたいと思います!
 
【概要】================================
jaih-s 総会ユースフォーラム 2013
Cross Road -field×generation- ~あなたが考える「国際保健医療」とは?~』
開催日:20131123日(土・日)
開催地:名桜大学(沖縄県名護市)
詳細はこちら↓
http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=124

※当日参加は2000円になっております!

主催:日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s

共催:第28回日本国際保健医療学会学術大会

======================================


それでは企画担当の「りょうちゃん」こと坂本諒ちゃんに紹介して

もらいましょう♪


シンポジウム

【Mental × Physical ―「健康」を支えるのは誰?―】

 

シンポジウムでは、精神保健医療をテーマに進めていきます。

講師およびパネラーとして、3名の先生方に登壇して頂きます♪

 

江副聡先生(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課課長補佐)

堤敦朗先生(国連大学グローバルヘルス国際研究所 コーディネータ)

井筒節先生(世界銀行 東アジア大洋州地域総局東京開発ラーニングセンター

プログラム&ナレッジコーディネーター・上級ナレッジマネジメント担当官)

 

先生方の講義やディスカッションを通して、

 

精神保健医療を切り口に、

国際保健医療が扱う課題について、その動向を知るとともに、

 

国際保健医療には多様な関わり方があることについても、

考えるきっかけになればと思います♪

 

総会ユースフォーラムに来られる方、

興味があって当日参加を迷っている方は、

是非、読み進めてくださいね!

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

簡単に企画の概要を紹介します♪

企画は2部構成で、第1部は講義、第2部はディスカッションとなっています。

 

【第1部 世界の精神保健医療概論】

「精神保健医療で取り扱う問題」や、「精神保健医療に関する総論的な取り組みとその機関」

についての知識、最新の動向をつかんでいただけたらと思います♪

 

【第2部 精神保健医療とキャリアに関するディスカッション】

「キャリア」に関するお話しを通して、「諸問題に対する各論的な取り組みとその機関」

を知ったり、「国際保健医療への関わり方の多様性」を考えたりして頂けたらと思います♪

 

また、そのお話の中で「精神保健医療の重要性」にも気づきがあればと思います♪

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

国際保健医療における精神保健医療は、早急に対応しなければならない問題として、

グローバルアジェンダにも挙がってきています☆

 

つまり、精神保健医療は、今後の国際保健医療における大きな課題の一つとも言えます。

 

WHOによる健康の定義を見ると、

 「肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態」

とあるように、精神的な健康も、人間の健康を支える大きな要素です。

 

心と身体は密接に結びついているので、

健康維持・増進のためには、心のケアも含めた幅広い取り組みが必要であることを

改めて考えていただければと思っています♪

 

そして、「健康とは何か」今一度、考えるきっかけになればと思います♪

 

また、精神的な健康は、身体的な健康に比べると、

病態自体が診断しづらいこと、偏見などもあることから実態を把握しにくい状況にあります。

 

さらに、人間の心に関わることであるため、

心を支える言語や文化が異なる人間が支援・治療にあたることは、とても難しい側面もあります。

そのため、心のケアは、あらゆる分野の知識や人材の協力を必要とします。

 

現在、精神保健医療は、その専門家のスーパバイズを受けながらではありますが、

プライマリヘルスケアのレベルで必要となってきています。

 

つまり、精神保健医療の分野に進む人だけではなく、その分野に進まない方にも、

知識が必要となってきています!

 

講義とディスカッションを通じ、

現場レベルにおける活動から、持続性の高い総合的な政策・システム作りにおける、

様々な視点からの活動について、概観をつかんでいただけたらと思います♪
 
 
 
 
ということで、シンポジウム、精神保健医療についての事前知識になればと思います!
 
当日参加も大歓迎♪
 
皆様が来てくださることをエネルギー源に総会までラストスパートをかけて行きます!
 
会場でお会いできることを心より楽しみにしております!
 
 
 




 

0 件のコメント:

コメントを投稿