ページ

28.6.13

【jaih-s総会ユースフォーラムのお知らせ】#1


jaih-sブログをご覧の皆さま

はじめまして、8期後半総会ユースフォーラム担当の松崎凜子です。
今期より運営委員を務めさせていただくことになりました!
これから総会ユースフォーラムの広報を行っていくことになります!よろしくお願いします。

さて、今回は今年のjaih-s総会ユースフォーラムのお知らせをしたくブログを書いています。
総会ユースフォーラムなんて11月のことでしょーってまだまだ先のことですが、
71日より、HPにおいて事前申し込みが始まります!
今期はどんなメンバーが、どんな企画を考えているのか、少しずつ紹介していきたいと思いっています!

初回である今回は、今年の総会班とメンバーの紹介と、
現段階で決まっている総会ユースフォーラムの概要につい書いていきます。

まだまだ先のことだと思っているあなた!
このブログを読んだら、スケジュール帳の11月のページを開いて、
マーカーでチェックしてくださいね‼笑
総会班一同、皆さまのお越しを心より楽しみにしております♡

それでは、はじめに今年の総会ユースフォーラムについて紹介します‼
みなさんもご存じのとおり、私たち、日本国際保健医療学会・学生部会
Japan Association for International Health - Student Section:通称 jaih-s ジャイフエス)は、
学生を対象に「国際保健に関わる人材育成」に取り組んでいる学生団体です。
全国にいる国際保健に関心を持つ様々な分野の学生に対して、
地域格差のない情報や機会の提供を行い、世界で活躍できる人材を育成することをもって
日本及び国際社会に貢献することを目指しています。

その活動の一環としてjaih-s総会ユースフォーラムの開催があります。
jaih-s総会ユースフォーラムは年に一度開かれる
日本国際保健医療学会の学術大会と連動して行われる、学生に向けたイベントです。

今年度のjaih-s総会ユースフォーラムでは、
Cross Road -field×generation- ~あなたが考える「国際保健医療」とは?~」をテーマとして、
 沖縄の地に集うすべての人が、日々の「分野」「世代」「先生・学生」「学部」といった
枠組みを超えて交わり、「国際保健医療」とは何なのか、
自分が考える「国際保健医療」とはどういうことなのか、答えを見つけることで、
将来に向けて歩みを進めるきっかけになればと考えて企画を考えております。

ちょっとだけ、内容を特別にお話ししますと、現段階では、
精神保健医療を切り口に「国際保健医療」の分野における多職種協同を考えるシンポジウム
世代間のディスカッションを通して「国際保健医療」におけるキャリア人材育成を考えるパネルディスカッション
身近なを通して、「国際保健医療」、さらには自分自身の食もふりかえる教育講演を考えています。

健康をメンタルとフィジカルの面から考え、「国際保健医療」の多様性や世代間のやり取りを通して、皆さまにとっての「国際保健医療」とは何なのか、そこの答えを見つけるきっかけになればと考えています。

そんな総会班は、北は北海道、南は福岡と学科もばらばらの愉快な5人で日々活動しています。
それぞれ超個性的なメンバーですが、今日はちょっとだけメンバーにいついて紹介していきたいと思います。


■■■■■メンバー紹介■■■■■
★まず、真ん中に写るのは、頼れる総会班の班長!
自由気ままな総会班メンバーをいつも優しく導いてくれます、
「よしむ」こと吉村翔平です!(岡山大学医学部医学科5年)

★右から2番目、実は副班長!世代間のパネルディスカッションを担当します、
天然オーラあふれる、熱い心の実力派最年少!
「あやか」こと竹内彩華です(三重大学医学部医学科2年)

★右端に写るのは、シンポジウムを担当します、
写真は違いますが、北海道出身なのに?ひまわりのノースリーブがトレードマーク、
「りょうちゃん」こと坂本諒です。(北海道医療大学看護福祉学部看護学科4年)

★左から2番目、シンポジウムを担当します、
「~やで、しかし」が口癖の総会班唯一の文系、新しい風を吹かせます、
「にんにゃ」こと任喜史です!(国際教養大学国際教養学部4年)

★最後に、左端に写るのが、教育講演を担当します、
「まつりん」こと松崎凜子です。(福岡女子大学国際文理学部食・健康学科3年)

写真は先日、622日、23日で京都に旅行に行った時の写真で、
後ろに写っているのは皆さまもご存じの日本三景のひとつである天橋立です!
きれいでした~~( *´艸`)きれいな景色を見て、おいしいものを食べて、温泉に入って…
充電完了です‼
弾丸スケジュールで集まった個性的な5人ですが、旅行で仲も深めて、
今後とも魅力的な企画を創るべく頑張っていきます!

ここで簡単に今年の総会ユースフォーラムの概要について、
現段階で決まっているものを発表しちゃいますね!
皆さま、メモのご準備はよろしいですか~?


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

総会ユースフォーラム2013
Cross Road
-field × generation-
~あなたが考える「国際保健医療」とは~

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日時】
2013
1123日(土・日)

【場所】
名桜大学(沖縄県名護市)

【費用】
事前参加申し込み 1000
当日参加申し込み 2000
懇親会費     1000円(事前申し込み、当日申込み関係なく)

本学会の学術大会も同日開催されます。
jaih-s
総会ユースフォーラムに参加される方はこちらにも参加することが出来ます。
詳細は第28回日本国際保健医療学会 学術大会HP
https://sites.google.com/site/jaih2013meio/
をご覧ください。

当日参加も可能ですが、事前申し込みの方がお安くなっております。
参加をご検討中の方の申し込みも大歓迎です!

プログラム
11
2日(土)
  8
30~       受付開始
12
401300   jaih-s総会
13
001310   休憩
13
101510   シンポジウム

11
3日(日)
  8
30~      受付開始
  9
001030    パネルディスカッション
10
301045    休憩
10
451145    教育講演
11
451215    クロージング
19
002030     懇親会

そして、今年はなんと!3連休ということで
3日目の114日(月)には本学会による
オプショナルツアーにも参加することができます!
特別に学生枠も設けていただき、沖縄の保健医療の歴史や離島診療視察、民間信仰、おじぃとおばぁとの対話など、ここでしかできない貴重な体験をすることができます!
学会に参加されている先生方も参加されますので、先生や学生と仲良くなるチャンスです!ぜひ、こちらの方への、申し込みもお待ちしております!

最後に、申し込みはjaih-sHPより71日から受付します
皆さま、沖縄とちょっと遠いですが、今はLCCの時代ですね!大丈夫です‼笑
学生時代の想い出に、旅行気分で、でも時には真剣に国際保健医療について考えてみませんか?

熱い想いを持ったあなた、ちょっと興味があるな~と思っているあなた、
よくわからないけど何か面白そうと思った、そこのあなた!
そんな、あなたに会えるのを総会班一同楽しみにしています!
沖縄で待ってます♡♡

18.6.13

【国際協力ワークショップ新規講座開設のお知らせ】



jaih-sブログをご覧の皆様

こんにちは jaih-s8期後半運営委員勉強会班Aを担当しております、石本佳乃と申します。
今回は国際協力ワークショップに新しい講師にご登壇頂けますことが決定いたしまして
それに伴いまして新しくテーマが加わることになりましたので、お知らせいたします。

8期後半の勉強会班Aでは、地方のニーズに応えた勉強会の開催を目的に活動しております。
この勉強会の一つとして、日本全国の学生に分け隔てなく国際保健医療の学習の場を提供するため2期より開始されました「国際協力ワークショップ」がございます。
これまで日本全国で計34回開催され、多くの方に参加して頂いております。
当勉強会は、今まで全て仲佐保先生(国立国際医療研究センター国際医療協力局)にご登壇頂いており、勉強会の内容は、現在開設しております7つのテーマの中から開催者もしくは参加予定の学生の希望に沿って決定しております。
---------------------------------------------------------------------------
■国際保健医療総論
■紛争後も中で-患者も医療者も病院も国も貧しい中で
■HIV陽性率15%を超えるアフリカで人々は
■国際保健における「看護」の仕事とは
■災害医療/緊急支援
■プライマリーヘルスケア(PHC)
■ジェンダー
---------------------------------------------------------------------------

今回、より多くの地域でこの国際協力ワークショップを開催できるよう、新しい講師にご登壇頂けますことが
決まりまして、それに伴いまして新しくテーマが加わりました。

担当していただく先生は、jaih-sでいつもお世話になっております神馬征峰先生です。

---------------------------------------------------------------------------
■ご所属
東京大学大学院医学系研究科・国際地域保健学教室
■ご専門分野
 国際保健、ヘルスプロモーション、健康と人権、人間の安全保障、感染症対策、学校保健、保健政策、保健人材
■主なフィールド
ネパール、カンボジア、ラオス、ベトナム、タイ等
■ご略歴
浜松医科大学卒。医学生時代、恩師・故伊藤邦幸氏と出会い,国際保健を志す。卒後,飛騨高山赤十字病院,国立公衆衛生院、ハーバード公衆衛生大学院を経た後、急性A型肝炎で入院。その後1994年から2年間,ガザ地区WHO事務所所長。1996年から5年間、
国際協力事業団・日本医師会によるネパール学校地域保健プロジェクト・チームリーダー。その後「武見フェロー」として,ハーバード大で国際保健研究を終え,2002年7月より日本をベースに活動。紛争国や南アジアでの生活経験をもとに,国際保健研究・教育に従事。
---------------------------------------------------------------------------

そして今回新たに開設するテーマは、「ヘルスプロモーション」です。

ヘルスプロモーションとはWHOがオタワ憲章の中で「自らの健康を決定づける要因を、
自らよりよくコントロールできるようにしていくこと」と定義されており、自らの健康を維持し、
さらによくしていくために、個人・家族・地域レベルでの活動が求められています。
本テーマにおける勉強会においては、世界中でヘルスプロモーションがどのように行われて
いるのかを理解し、国際協力においてヘルスプロモーションを行うためには自分たちが
どのような活動をすればよいのかを考えます。

記念すべき第1回の開催が決定しております。開催概要は下記の通りです。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
国際協力ワークショップ「ヘルスプロモーション」
jaih-s×岡山大学国際医療勉強会ILOHA共催企画

【日時】8月31日(土)13:00~17:00
【場所】岡山大学鹿田キャンパス管理棟8階第10カンファレンスルーム
【対象】国際保健医療に興味のある方
【参加費】500円

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
8月上旬より申し込み募集のページをjaih-sHPにて開設いたします。
近くなりましたら、またお知らせいたしますので、ご確認ください。

多くの方のご参加をお待ちしております^^