ページ

5.2.13

西日本地方会ユースフォーラム ブログ 第2弾

jaih-sブログをご覧のみなさま、こんにちは☀
8期前半運営委員勉強会班ブログリレー、村田からのバトンタッチをうけて
第2弾をお送り致します、北里大学薬学部2年の丸木芽衣と申します。
今回はくる 3/2に行われる西日本地方会ユースフォーラムについてお話させて頂きたいと思います!!

ずばり今回のテーマは
グローバルヘルスにおける「健康」〜医療人類学の視点から〜
です!!

え??医療人類学ってなに?
国際保健医療って聞いたことがあるけれど、よくわからないよー!
興味はあっても何をしたらいいかわからない><

そんなあなたに!
まずはこんな質問をしてみたいと思います。

あなたの価値観と相手の価値観—
それっていつも同じですか?

いやいや、それはないですよね。
同じ日本にいたって、友達同士だって、価値観は違うもの。
でも価値観が違うってまずはちーっちゃいことから考えてみると、
誰かが病気になった場合

日本でさえ
病院へいく人、風邪薬をもらいに薬局へいく人、疲れたのかなと思って休む人、
いろんな人がいます。

でもその一方でその病気自体を神による祟りだ、と考え
おまじないや占いをする人もいます。

国や地域によって様々な文化や歴史があり、世界には様々な価値観が
存在しています。それに伴い、世界には私たちには信じられないような
「健康」に対する考え方が存在しているかもしれません。

それでは、このような多元的な医療状況がつくだす
多様な価値観の存在する世界
においてわたしたちは、

何をもって「健康」であると定義し、
活動をしていくべきなのでしょうか。



この問いかけについて今回は国際保健医療のフィールドにおける人類学的なアプローチ等について研究・指導に携わっておられる増田研先生(長崎大学大学院 国際健康開発研究科 准教授)のご講演とWSを通して、熱い志をもった全国の学生と一緒に考えてみましょう!

いまあなたの考えていること、その疑問や思いをみんなと
shareしてみませんか?

jaih-s一同みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます!

----------------------------------------------------------------------------
お申し込みはこちらから→http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=113
----------------------------------------------------------------------------


西日本地方会ユースフォーラム2013
■日時: 201332日(土)16:0018:30
■場所:大阪府立大学中百舌鳥キャンパス 学術交流会館
■テーマ: グローバルヘルスにおける「健康」〜医療人類学の視点から〜

0 件のコメント:

コメントを投稿