ページ

11.9.12

【第六弾!】総会班ブログ*「パネルディスカッション」

jaih-sブログをご覧のみなさん、こんにちは!
慶應義塾大学薬学部4年の桐山純奈です^^
9月に入り、暑さも徐々に和らいできているようにも感じられますが、みなさんはいかがお過ごしですか?

おかげさまで、jaih-s総会ユースフォーラムの事前申し込み期間も、あとわずかとなってまいりました!!
事前申し込みは、当日申し込みより500円お得です!!まだ申し込んでいない方はぜひ
からお申し込みください(^O^)/締切は【930】です!!

さて、第三~五弾とjaih-s総会ユースフォーラムで行われる講演のご紹介をしてきましたが、今回が最後の紹介となります。

パネルディスカッション 
「未来をソウゾウせよ!-10年後の即戦力となるために」
日時:11313:0015:00@岡山大学 薬学部大講義室

私たち学生が実際にプロとして国際保健医療の現場に立てるようになるのは、1020年先のことになるでしょう。
みなさんは、その時世界はどのようになっていると思いますか?
必ずしも、感染症や母子保健対策がメインの現場ではないかもしれません。これから世界はより高齢化し、post MDGsMillennium Development Goals)で掲げられる指標がMDGsの時と変わってくることは大いに考えられることです。
こう考えた時、今私たちは現状を学ぶだけで良いのでしょうか?
学生だからこそ1020年先まで見据える力が必要なのではないか、そう私は考えて本パネルディスカッションを企画しました。

本企画は、
1部 講演 「未来を想像せよ!」
2部 パネルディスカッション 「未来を創造せよ!」
2部構成になっています。第1部の講演で10年後の国際保健医療の未来を想像し、第2部のパネルディスカッションで参加者のみなさんが自分自身の将来や国際保健医療の未来を具体的に意識し、創造していくきっかけを提供したいと考えています。

講師は
講演+パネラー:池上清子先生(日本大学大学院総合社会情報研究科 教授)
パネラー:明石秀親先生(国立国際医療研究センター 国際医療協力部)
     土居弘幸先生(岡山大学疫学衛生学教室 教授)
と超豪華な方々をお呼びしています!!!

この御三方の考える10年後の世界、覗いてみませんか?^^
「世界のいのちを救いたい!」というアツいハートを持っているみなさんに、ぜひいらしていただきたいと思います!
今、国際保健医療の現場に立ちたいという夢を持っている全ての学生のみなさんに、その夢を諦めないでほしい、現場で若手として力を発揮してほしいと思いますし、私自身もそうありたいと思っています。
一緒に、私たちの活躍する世界・国際保健医療の現場がどうなるか、考えてみましょう!
みなさまのご参加を心よりお待ちしています(*^^*)!!!

もう一度、お得な事前申し込みをみなさんお見逃しなく!笑

長らく続いていた総会班ブログも、いよいよ次回で最終回となりました><!!
ラストは、我らが総会班長!あいちゃんからとーってもアツいメッセージが届く予定なので、みなさんお楽しみに(*^^)v

0 件のコメント:

コメントを投稿