ページ

26.10.11

【第6段】jaih-s総会ユースフォーラム2011    ~BOPビジネス、企業展示~

                         11/5.6@東京大学本郷キャンパス

jaih-s総会ユースフォーラム2011

『学際的挑戦~グローバルヘルスと日本の貢献~』

申し込みは以下のURLから!

参加費:事前1000円、当日1500
【部分参加も可能】です!!
(部分参加の場合も、上記の参加費となります。)

皆さま奮ってご参加ください!


---------------------------------------------------------------------------------
jaih-s総会ユースフォーラム2011が来週末に迫ってまいりました。

始めまして、東京大学大学院 国際保健政策学教室、野村周平です。
当フォーラムでは、
【分科会:BOPビジネス支援に係る日本政府の取組み】および
【企業常設展示】
を担当いたします。

本日は、BOPビジネス企画のご紹介です。
==============================
【タイトル】BOPビジネス支援に係る日本政府の取組み
【日時】2011116日(日)13:0014:30【場所】医学部1号館3階講堂
【講師】小澤良太氏、中村亮太氏
【所属】経済産業省 貿易経済協力局 通商金融・経済協力課
===============================

昨今のグローバルヘルス領域における開発資金の流れには特徴があります。JICAUSAIDといった二国間援助や、WHOUNICEF等の国連組織や、その他開発銀行の占める割合は低下し、かわりにGlobal FundGAVIアライアンスといった民間資金の割合が急増していることです。開発資金総額は近年急激に増大していて、先の巨額の資金を有する民間組織他、なにより民間企業によるイノベーションやビジネスモデルの積極的活用は、今や無視できない程に拡大しています。

ご存知の通り、先進国の開発モデルを直接途上国に適応できないことは常識です。ですが、現在の急速なグローバル化の中、そうした旧式な援助モデルを凌駕するようなイノベーションが、グローバルヘルスの領域でも活用されはじめているのです。人道的・道義的理由からの支援のみではなく、被援助国の将来のマーケットを焦点に当てた、極めて現実的な対応と言えるでしょう

本企画では、上に記したような開発途上国における21世紀型ビジネスモデル、世界の所得別人口構成の中で、最も収入が低い所得層を対象としたBOP(Base/Bottom of the Pyramid)ビジネスのご講演を致します。本講義を通して、参加者の皆様には、日本の民間企業の優位性や、ビジネス拡大へ向けた、政府からの政策的支援といった、官民双方のアプローチを学んで頂ければと考えています。

日本の技術力が国際社会共通の課題に対し、大いに貢献できる分野であること学ぶことは、国際化自体が国内的に認知されていない現状を打破し、グローバルヘルスの潮流を俯瞰する上で重要であると、私は考えます。

講師は、経済産業省より2名の方にお越しいただきます。有意義なお時間を皆様が過ごせますよう、努めて参ります。


また、

当ユースフォーラム中、医学部教育研究棟13、14階において、グローバルヘルス分野に貢献されている企業の展示コーナーを設けております。味の素株式会社、サンスター株式会社、武田薬品工業株式会社(順不同)には、私どもjaih-sは直接のご支援を賜っております。是非展示ブースを訪れ、日本企業のグローバルヘルスへの貢献を、間近で感じてみてはいかがでしょうか。簡単な啓発イベントもご用意しておりますので、是非お気軽にお訪ね下さい。


皆様のご来場を心よりお待ちしております。

0 件のコメント:

コメントを投稿