ページ

30.9.11

【第4段】jaih-s総会ユースフォーラム2011~リプロ編~

jaih-sブログをご覧のみなさま こんにちは★
jaih-s総会ユースフォーラム担当、東北大学医学部保健学科3年小林千紘です。

9月も今日で終わり・・・
『もうすぐページェントだね』と言ったら、気が早すぎると言われてしましました^^
ページェントを知らない方は、ぜひ【光のページェント】で検索してみてくださいね!!

ということで、総会まで約1ケ月となりました!!
毎日、事前登録をしてくださる参加者の人数が増えていて本当に嬉しい限りです^^
まだまだ募集中ですので、まだの方はお早めに
すでに申し込みされている方も周りの方を誘って、115日・6日はみんなで
jaih-s総会に参加しよう!!

皆さまを心よりお待ちしております≧V


前置きが長くなりましたが、私の担当企画の詳細が決定しました!!

☆★☆――――――――――――――――――☆★☆
リプロダクティブ・ヘルス/ライツ企画
【すべての人のリプロダクティブヘルスを目指して…
~母子保健から見た世界と日本~】
講師:石井澄江氏(ジョイセフ 専務理事)
☆★☆――――――――――――――――――☆★☆

当初はジェンダー企画ということで、宣伝させていただいていましたがこのような形へと変更になりました。
ジェンダー企画を楽しみにしてくださっていた方々、大変失礼しました。今後も、jaih-sにてジェンダーを取り上げた勉強会なども行っていきますので、そちらにもご参加いただけると光栄です。



さて、リプロダクティブ・ヘルス/ライツということで、ジョイセフの石井澄江氏をお呼びして、みなさまと事例検討を含めたグループワークを予定しております。

途上国において、毎年多くの女性たちが妊娠・出産に関わるなかで命を落としています。これはとても悲しい現実であり、変えていかなければならない問題です。
日本にいるとどうしても忘れてしまうことですが、妊娠・出産は、女性にとって命がけのものなんですよね。

そこで、もう一度みなさんと考えたいと企画しました。
命がけのものであるからこそ、より安全・安心にするにはどうしたら良いのか。また、すべての人が次世代を産みだすというすべての過程において自分の意思を持って、満足のいくものにするために何が出来るのだろうか・・・

多くの人と考え、学びあいたいと思っています

国際保健に興味・関心を寄せている方でしたら、1度は聞いたことがあるであろうリプロダクティブ・ヘルス/ライツについて
この概念の必要性とは?
そして、本当に途上国だけの問題として捉えていいのか?

そんな視点から、石井澄江さんの現場での経験も踏まえて講義して頂きます。

リプロダクティブ・ヘルス/ライツについて初心者の方も、そうでない方も、みなさんでもう一度、一緒に考えてみませんか?^^
参加してくださった方々、全員が新しい『気付き』を得られるように石井澄江さんのご協力のもと、準備を進めております!!

楽しみにしていて下さいネ☆★☆


それでは、私はこの辺で・・・
最後まで読んで下さり、ありがとうございます^^


次回の更新は10月の上旬】更新予定です。
これからは、更新のピッチも上げていきますので乞うご期待!!