ページ

12.8.11

総会班紹介Blog!!


こんにちは!総会班・班長の加藤浩介です!
暑い日が続いていますが体調は皆様いかがでしょうか。

今日は新しくjaih-sの運営委員に興味をもってくださっているみなさまに
私たち,総会班の活動を紹介したいと思います!

<総会班とは?>
総会班は,1年に一度秋に行われる日本国際保健医療学会(JAIH)の学術大会と
同場所同日程で,学生に向けた総会ユースフォーラムを企画する班です。
ユースフォーラムでは多分野から先生をお呼びしてご講演をいただきます。
国際保健に興味のある学生が,講義を通じて国際保健医療のあり方や
自分なりの関わり方を考えることができる,そして懇親会やワークショップ
を通じて普段なかなか出会えないような志を共有した多くの仲間と出会える,
そんな企画を目指しています。jaih-sの総会ユースフォーラムは
jaih-sのイベントとしては最大規模で毎年大勢の参加者で賑わいます。

<活動のタイムライン>
4月:キックオフミーティング
運営委員の仲間との初めての顔合わせです。
ここで総会班のメンバーが決まります。ここでは総会のテーマや,
誰がどの企画を担当するかを決めます。基本的に1人1企画を担当します。

5月:企画書審議
自分の担当となった企画について「企画書」というのを作ります。
企画書は,自分のやりたいテーマにあった先生や
どういったコンセプトで何をやりたいのかということをまとめたものです。
企画書はある一定の期間に運営委員全体で共有され全員に吟味されます。
これが企画書審議です。
総会に限らず,jaih-sのすべての企画において,
成功の鍵を握る重要なプロセスです。

6月~8月:講師決定,話し合い
こうして精錬が重ねられた企画書をもとに,いよいよ始動します。
講師の先生とアポイントを取り,講義の内容について
話し合いを重ねていきます。

9月~10月:広報,ロジスティックスの準備
総会が近くなると,jaih-sのHPやメーリングリストを始め
ポスターやフライヤーなど様々な手段で広報を行います。
また,必要機材の手配や人員の配分など
ロジスティックスの準備も大詰めを迎えます。

11月:総会ユースフォーラム
いよいよ本番です。今年も大勢のみなさんに参加して頂き,
成功を収められるよう,総会班一同一丸となって頑張っています!

<活動内容>
基本的には1~2週に1回,スカイプでMTGして,前の週に宿題としていた内容や
先生との連絡状況,各自の仕事の進捗状況を共有して話し合います。
先生やご協力いただいている企業を訪問して,直接お話をすることもあります。
キックオフ~企画書審議,ユースフォーラム直前は忙しくなりますが,
試験期間や部活の大会前などはお互いに配慮しあって,活動を進めています。

<お世話になった先生>
学術大会の大会長である北潔先生(東京大学)にはいつも大変お世話になっております。
また今期の総会ユースフォーラムでは,
山本敏晴先生(NPO法人宇宙船地球号)
小林潤先生(長崎大学大学院国際健康開発研究科)
加藤琢真先生(NPO法人SANTE)
長田まき子先生(元開発コンサルタント)
金田晃一先生(武田薬品工業株式会社)
中村亮太先生(経済産業省)
をお呼びすることが決まっています。

<総会班の魅力>
総会班の醍醐味と言ったらなんといっても「イベント企画」!
自分のやりたいテーマ,企画を形にしていく作業は本当に面白いです。
みんなで一丸となって何か一つ大きなイベントを企画したいという方,
大大大募集です!

7期前半(11年10月~12年3月)では残念ながら総会ユースフォーラムはありません。
ただ!地方会ユースフォーラムが毎年3月頃に開催されます。
活動の流れ自体は総会と大きく変わらないので,
来期運営委員参加予定で興味を持ってくださった方は,
是非地方会ユースフォーラム班に入って頂ければと思います!

以上です!
是非jaih-sで私たちと一緒に活動しましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿