ページ

24.2.11

「世界の笑顔のために、がんばりたい」

jaih-s6期運営委員勉強会担当の加藤茉悠子です。

私が国際保健医療を志したきっかけ。
それは、小学4年生のときに、父の仕事で連れていかれたフィリピンでの生活だった。
生涯初めての引っ越しが海外。
フィリピンってどこ?バナナで有名?としか思っていなかったところで見たものは
私にとって衝撃的なものばかり。

渋滞や赤信号で停まった車に近づいてくる人々、
サイドミラーを綺麗にしてお金をもらう子どもたち、
線路沿いに家を建てて住んでいる人たち。

学校への登下校中、車の中の私は綺麗な身なりをして新しいリュックを持って
いて、車の外の子どもたちは、決して綺麗とは言えない服装でこちらを見てくる。
何故、私はこうして車に乗っていて好きなものがいくらでも買うことができて
何故、この子たちはこのような生活をしているのだろう。

世界の現状をまだ知らなかった私に理解することはとても難しく、
見て見ぬふりをしていた。

このような中でも特に衝撃を受けたのは、フィリピンでの生活に慣れた頃、
家族で観に行った日本人が撮影したというドキュメンタリー映画「神の子たち」である。
それは、ゴミ山として有名なパヤタス地区の生活を撮っている。
ただでさえ、劣悪な環境の中、大雨によりゴミの雪崩がおきて生き埋めに
なる人々、子どもたち。本当にこのような生活が、私が今住んでいる国では
あるのだろうか…何故という想いと涙なしでは見ることができないものであった。
それを見てから、どうしたらこのような人たちにとって将来良い生活をできる
サポートができるだろうか、と考えていた。

2年間の生活を終え、帰国してから自分に何ができるだろうかと考え、
幼い頃から医療従事者になると決めていた私が見つけたのは、国際保健医療であった。
漠然と掲げた国際保健とはどのように関わっていけばいいのか未知のものであり、
また自分1人という無力さを前に諦めたことも何度もあった。

数年がたち、「世界中の人がいつも笑顔でいられるようにしたい」
そう思うようになった今、私はまた国際保健を志している。
私にできること、私にしかできないこと、本当にしたいこと、まだまだ模索中の毎日。

今年は、私の第二の故郷フィリピンに行き、実際にパヤタスを訪れる。
10年前の自分が感じたことを、私はどう感じるのか。
様々な想いを胸に帰国し、私はまた国際保健について考え、悩むだろう。
路頭に迷うかもしれない。

しかし、今、私には偶然にも出逢ったjaih-s、それまで共有できなかった
想いを分かち合える仲間がいる。

もう、諦めない。「世界の笑顔のために、がんばりたい」

22.2.11

日本代表佐賀に集まる!!~あなたが知らないMDGs~

みなさんこんにちは!!地方会班長です。
タイトルなんのこっちゃ??って感じですよね(笑)

今回の西日本地方会・・・



すごいんです・・・・・・



今までにない位凄い事になっているんです!!!



まずは超豪華講師陣


第一部の基調講演「飢餓×食×栄養」には
あのユニセフから東京事務所代表の

平林国彦氏


続く第2部のパネルディスカッションでは平林氏に加え・・・

あの緒方貞子氏も大絶賛のフォトジャーナリスト

久保田弘信氏


国立健康栄養研究所/管理栄養士の


三好美紀氏



異色の3人によるコラボが実現します!!!!
国連日本代表とジャーナリスト日本代表と栄養士日本代表が3/5日に佐賀大学集合します。



さらに前日にはプレイベントとして久保田弘信氏による
「アフガニスタン戦争から現在まで報道されないアフガニスタンの真実」というテーマの講演会も
開催します!!!


結果・・・
こんな超豪華クレジットとなりました^^;

主催 日本国際保健医療学会学生部会
後援 日本国際保健医療学会
    TABLE FOR TWO International 
    日本国際飢餓対策機構
協力 国連児童基金(ユニセフ)東京事務所
       動く→動かす                        

お申込みはこちらまで♪


以下詳細です
『いのちの源~世界中が健康に食べるには~』

今回の西日本地方会ユースフォーラムは、MDG 1(ミレニアム開発目標 目標1)である、「極度の貧困及び飢餓の撲滅」を題材として、栄養面・社会面・政策面など様々な角度からMDG1に切り口を当て、参加者が自分の人生において飢餓・貧困問題に対する位置付けを見出し、さらにどのように関わっていけるのか、その第一歩を踏み出す場とするという目的の元に企画されています。

◆実施概要◆
【日時】    
 2011年3月5日(土) 11:00 ~ 17:50 (ユースフォーラム開催は12:00~)〔西日本地方会(11:00~17:30)内の一企画として実施〕

【会場】    
 佐賀大学医学部(鍋島キャンパス)看護学科棟

*会場までの交通・アクセスは、[佐賀大学のページ]および[佐賀大学医学部のページ]をご参照ください。

【参加費】     
 西日本地方会ユースフォーラムは、西日本地方会と同日に同じ会場で並行して開催されます。
本ユースフォーラムへの参加費は無料ですが、西日本地方会への参加費(学生500円、一般1,000円)が必要です。

ユースフォーラムの後に懇親会を予定しております。懇親会費用は別途必要になります。

【参加方法】
参加人数把握のため、事前登録にご協力ください。

参加希望者は、以下の入力フォームに必要事項をご登録ください。
入力された個人情報は、第29回日本国際保健医療学会西日本地方会ユースフォーラムの運営に関連した目的にのみ使用させていただきます。

【後援】    
 日本国際保健医療学会、 TABLE FOR TWO International、 日本国際飢餓対策機構 (順不同)

【協力】    
 国連児童基金(UNICEF)東京事務所

■同日同会場におきまして、第29回日本国際保健医療学会西日本地方会が、「国際保健における人材の育成」というテーマで開催されます。詳細に関しましては日本国際保健医療学会HPをご覧ください。


~当日の来場方法・交通機関について~
※自家用車での来場はご遠慮願います。当日、近隣に十分な駐車スペースがありませんので、ご了承ください。


~当日の昼御飯について~
※学生食堂はお休みで、コンビニまで1Km近くあります。大学病院の食堂や売店はありますが、休日のため、
待ち時間が長くなることが予想されます。昼休みの講演会の参加を考えますと、お弁当のご購入をお勧めします。お弁当 (お一人分1,000円)は、下のお申し込みフォームからお申し込みいただけます。


◆プログラム◆
タイムテーブル(予定)
11:00~11:40     
 大会長講演【本学会】

12:00~13:10
 第一部 基調講演「飢餓×食×栄養」(講師:平林 国彦 氏)【学生部会】

13:10~13:30
 休憩

13:30~14:30
 中村 安秀 先生 講演【本学会】

14:30~16:00
 人材育成シンポジウム【本学会】

16:20~17:50
 第二部 パネルディスカッション「国際協力はjazz session? 世界が健康に食べるには」

(講師:久保田 弘信 氏、平林 国彦 氏、三好 美紀 氏)【学生部会】

●第一部:基調講演 「飢餓×食×栄養」
講師:平林 国彦 氏 (国連児童基金(UNICEF)東京事務所代表)
プロフィール:長野県出身、筑波大学医学専門学群卒。 医師免許取得、循環器外科を専攻。筑波大学付属病院、茨城こども病院、神奈川子ども医療センターなどを経て、1994年筑波大学大学院博士課程終了、医学博士取得。1994年から約10年間、国立国際医療センター国際医療協力局に勤務し、ボリビア、コロンビア、インド、ガイアナ、インドネシア、ホンジュラス、ウズベキスタン、キルギス、南アフリカ、ベトナム、セネガル、等の病院での技術指導、保健省での政策立案支援などを担当。JICA専門家・チーフアドバイザー、WHO短期コンサルタントなどを経て、2003年からUNICEFアフガニスタン事務所(保健省シニアアドバイザー、UNICEFアフガニスタン事務所保健・栄養部長)、およびレバノン事務所(保健栄養部臨時部長)を歴任。2006年9月から2008年6月までUNICEF東京事務所副代表。2008年7月からUNICEFインド事務所副代表を経て、2010年4月にUNICEF東京事務所代表に就任。


講演内容(予定):
・飢餓問題の現状
・飢餓・貧困撲滅に向けてのどのような援助が行われているのか、またその結果や成果など
・飢餓問題の改善・解決へ他分野からアプローチすることの重要性
・講師の先生が大学を卒業後からどのように国際保健・飢餓・貧困問題にかかわってきたのか

などをお話しいただく予定です。

●第二部:パネルディスカッション 「国際協力はjazz session? 世界が健康に食べるには」
講師(五十音順):
久保田 弘信 氏 (フォトジャーナリスト)
プロフィール:岐阜県出身、大学で物理学を学ぶが、スタジオでのアルバイトをきっかけにカメラマンの道へ。旅行雑誌の撮影で海外取材をこなすうちに、一人のパキスタン人と出会いパキスタンへ赴く。パキスタンでアフガニスタン難民を取材したことをきっかけに本格的にジャーナリストとしての仕事を始める。9・11事件の以前からアフガニスタンを取材、アメリカによる攻撃後、多くのジャーナリストが首都カブールに向かう中、タリバンの本拠地カンダハルを取材。またパキスタンに流出する難民を取材。難民の子供たちの素顔を捉えた個展を多数開催。以来、アジア、中東を舞台に取材を続ける。2003年3月のイラク戦争では攻撃されるバグダッドから戦火の様子を日本のテレビ局にレポートした。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kubota-photo/profile.html

平林 国彦 氏 (国連児童基金(UNICEF)東京事務所 代表)

三好 美紀 氏 (国立健康・栄養研究所 国際産学連携センター 国際栄養プロジェクト 研究員)
プロフィール:1971年大阪府生まれ。大阪市立大学生活科学部卒業後、神戸大学大学院国際協力研究科およびロンドン大学熱帯医学大学院(LSHTM)修了。その後、国立国際医療センター研究所研究員、JICA開発調査(セネガル)、東京大学大学院医学研究科国際保健学専攻助手を経て、2005年4月より現職。エチオピアの飢餓問題に触発され、アフリカの食糧援助に関わる夢をもつ。大学時代に初めての海外渡航でネパールに行き、衝撃的なカルチャーショックを受けるも、その後も途上国の栄養問題に関わりたい一心で進路を模索し続け、現在に至る。これまで特にアジア地域をフィールドとして子どもの栄養改善を目指した調査研究を実施、現在はパプアニューギニアを開拓中である。


ディスカッション内容(予定):
MDG1のゴールである飢餓・貧困の撲滅のために、第一部では食糧援助・栄養改善という面にスポットを当ててお話頂きます。

第二部では、同じゴールを目指すために他にどのような道があるのか、参加者一人一人に最適なアプローチ方法とは何か、自身の専門分野とそれ以外の分野はどう絡み合っているのかを複数のパネリストをお呼びして説明して頂き、かつ参加者の皆様とディスカッションして頂く予定です。MDG1そのもの、飢餓問題と人材育成との接点、多分野への興味・理解をさらに深めると同時に、今後のMDGs、最終的には国際協力活動における自身の分野でのアプローチを模索して頂けるよう企画しています。


16.2.11

【3/6(日)@東京】リプロダクティブヘルス/ライツの現状と私たち

こんにちは。
jaih-s運営委員・勉強会班の松浦潤(滋賀医科大学5年)です。

この半年の集大成、今年度最後のjaih-s勉強会企画の詳細が決まりました!

2011年3月6日(日)、順天堂大学にて
「リプロダクティブヘルス/ライツの現状と私たち
~人口政策における女性の権利を通して見えてくるもの~」を   
お届けすることとなりました。

講師は、
兵藤智佳先生(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター助教)
http://www.waseda.jp/wavoc/about/teacher02.html
です。

主な内容は、
■発展途上国のリプロダクティブヘルス/ライツと人口政策の
関わりを具体的な事例、また参加者同士のディスカッションを通じて
問題点や解決策を考えます。
■途上国だけではなくリプロダクティブヘルス/ライツは私たちの日常生活
にどう関わり、私たちはどんな問題を抱えているのか、何ができるのかを
考える機会です。

■途上国と先進国(日本)の問題がつながっていることへの理解を
ディスカッションを通じて深める参加型のプログラムです。

リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関して学ぶとともに
問題に対して、私たちには何ができるのか考え行動する
一歩を踏み出すための内容です。
 
社会を変えたい、そんな気持ちを持っている方
同じ気持ちを持った仲間と語り合うよい機会になるはずです。
ぜひみなさまのご参加お待ちしております。


◎以下転送大歓迎◎
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      リプロダクティブ・ヘルス/ライツと私たち
  ~人口政策における女性の権利を通して見えてくるもの~
  http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=75
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 主催:jaih-s(ジャイフエス:日本国際保健医療学会学生部会)
                http://www.jaih-s.net/
------------------------------------------------------------
jaih-s(ジャイフエス:日本国際保健医療学会学生部会)は、
国際保健医療に関心を持つ様々な分野の学生が集まった団体です。
国際保健医療分野の第一線でご活躍されている先生方の
ご協力の下、ともに学びあう場、将来の国際保健医療を担う
人材育成の場となるべく、活動をしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ■概要                                              
┃ ■内容
┃ ■参加申し込みについて
┃ ■お問い合わせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□日時  2011年3月6日(日) 13時00分~(予定)
□場所  順天堂大学医学部公衆衛生セミナー室
JR 水道橋駅東口から徒歩7 分、元町公園隣、旧元町小学校舎
□参加費 未定(500円程度を予定しています)  
□講師  兵藤智佳先生
    (早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター助教)

■企画内容
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3月8日は国際女性の日。1904年ニューヨークで参政権を求めて
デモが開始された日です。わたしたち人間はこれまで様々な権利を
求め、行動を起こし勝ち取ってきましたが、女性もまた同じです。
そしてリプロダクティブ・ライツもまた私たちに保障されるべき
人権といえます。
途上国におけるリプロダクティブ・ヘルス/ライツを考える
キーワードとして一つ人口政策があげられます。
人口政策とは中国で行われる一人っ子政策などのことで、
家族計画プログラムなどもこれに含まれます。
こうした人口政策は貧困削減のために必要と言われながらも、
場合によってはリプロダクティブ・ライツの保障する「すべての
カップルと個人が、自分たちの子どもの数、出産間隔、出産する
時期を自由にかつ責任をもって決定でき、そのための情報と手段を
得ることができるという権利、また、差別、強制、暴力を受ける
ことなく、生殖に関する決定を行える権利」を侵害する側面も
あります。
本勉強会はこうした現状を理解したうえで、参加者同士の
ディスカッションを通して、途上国の問題をもっと身近に感じ、
何ができるかを考える内容となっています。ぜひご参加くだい。

■参加申し込みについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加ご希望の方は、【2011年3月5日(土)まで】に、
下記のURLにアクセスし、そちらからご登録下さい。
http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=75

■お問い合わせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
jaih-sワークショップ全体に関するお問い合わせは

以下のアドレスにお願いします。
knowledge☆jaih-s.net
(☆を小文字の@に直してお送りください)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワン・ワールド・フェスティバルのご報告☆

 2月5・6日に大阪国際交流会館で行われた
『ワン・ワールド・フェスティバル -One World Festival-』。

 2日間通して穏やかな気候にも恵まれ、フェスティバル自体の来場者数は、なんと約17,500人だったそうです!

 そして我がjaih-sのブースにも沢山の方にお越しいただきました。


 ありがとうございました!!


 初のワン・ワールド・フェスティバル出展という事で、至らない点ばかりできっと皆さまに心地よい対応が出来ていなかったとおもわれます。申し訳ありませんでした。それにも関わらず今回の出展ではブースのボランティアスタッフ、フェスティバルスタッフ様のサポートを始めブースに立ち寄ってくださった大勢の方から共感や激励、そしてアドバイスのお言葉を沢山頂く事ができ、これからの活動への力を頂きました。心より皆さまに感謝して、感激しております。



 そしてこのワン・ワールド・フェスティバル、年々規模が大きくなっているそうです。この事を素直に「国際協力人が増えている」と勝手に解釈し、嬉しい気持ちに浸っています♪ jaih-s広報隊員としてより多くの学生に将来国際保健人として世界にはばたいて頂くべく、もっと活動を広げていかなけば、と改めて思えた2日間でした。


 最後にもう一度・・・
 jaih-sブースにお立ち寄り頂いた皆さま、本当にありがとうございました!!今回会場に来れなかった方も含め、また来年ワン・ワールド・フェスティバルでお会い出来る事、楽しみにしております♪





広報班 中島

12.2.11

明日は晴れ

【連載コラム「国際保健と私」Vol.3】

幼いころ死ぬのが怖かった


そんな時出合った一冊の本
途上国の子どもたちが死と隣り合わせに生きている
そんな現状が描かれていた


 
医師になろう



ふと思った。
幼い私が狭い狭い世界の中で知っていた職業

それが私と国際保健の出会い



それからただ漠然と海外のことを知りたいと本を読み漁った
本の中は遠い遠い世界の話が広がっていた
遠い遠い世界の話


いつか私は海を越え国境を越えて
だれかの近くでいのちを救うのだ
そう考えていた




それから月日が流れ
不幸なのか幸いなのかずっと医師を目指し続けることとなり
医学部に通い始めた


大学生活が始まってから1年、いよいよ海外に行くこととなった


ものがない、人がいない、システムが整ってない


本の中だった現実は違和感があった


なぜこの人たちは困っているのだろう


私にはわからないことだらけだった
学校で習っていることだけで解決できるなんて全く思わなかった


医師を目指してよかったのか
そのとき私は立ち止まってしまった


恥ずかしながらそのときになって初めて
国際保健が医療だけで成り立っているわけでないことを知った




なぜだろう、なぜだろう?

答えを探すにはあまりにも広い世界だった
そんなのはあきらめて自分は田舎に行けばいいや
そう思ってって帰国後は国際保健を忘れようとした
遠い世界のことは誰かがやってくれる
きっとかしこい誰かがやってくれる



でも、

でも、やっぱりどこかひっかかる



離島やへき地の実習に行くと、途上国と格差があるものの
なんだか違和感を感じ同じことを感じてしまうのだ

医師の力だけではどうしようもない
ちっぽけで世間知らずの自分の知識や価値観では見えないのだ


もっと学ばなきゃな
もっと考えなきゃな
もっともっと感じなきゃな



そのとき、ちょうどたまたま国際保健を学ぶ学生団体に出会った

jaih-s

地方にいたって勉強できるんだなって目からうろこだった

そして国際保健を目指すいろんなユニークな仲間に出会えて
刺激をもらって現在を過ごしている




最近になって幼いころ知っていた遠い世界のことと思っていた世界は
今の自分のことに繋がっている、だからこそ私もやらなきゃ
って思えるようになった

まだまだ問題は山積みで、みんながハッピーになる道が
どこにあるのかなんて正直まださっぱりわからない



とにもかくも自分がハッピーであること
あなたもハッピーになること
そしてみんながハッピーになること
そう思って今日も日暮らし
明日は晴れの日


事務局jaih-s副代表 鹿児島大学4年 苅屋朋

10.2.11

ジェンダーを勉強してきました!

こんにちは。jaih-s運営委員勉強会班の松浦潤(滋賀医科大学5年)といいます。

先日1月29日(土)に滋賀医科大学での勉強会、
「第28回国際協力ワークショップ×マッチング報告会~今こそジェンダーについて学びましょう! ~」を無事終えてきました!

国立国際医療研究センターの仲佐保先生を講師に招いて行われる恒例の
「国際協力ワークショップ」。
今まで「国際保健医療とは?」「紛争後のカンボジア」「HIV/AIDS」「国際保健における看護」
「災害医療」「PHC(プライマリーヘルスケア)」など様々なテーマで行われてきましたが、
今回は「ジェンダー」という新しいテーマを取り上げてみました。

生物学的な性別とは別に社会的・文化的につくられた女性像、あるいは男性像といった社会的な性別を表す「ジェンダー」。
90年代に採決された様々な「国際開発目標」のうち、後にミレニアム開発目標として掲げられた2015年までに達成すべき喫緊の8つの課題、その1つとして、「ジェンダーの平等、女性のエンパワーメント」があります。
さらに母子保健、家族計画、リプロダクティブヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)など、
ジェンダーに関連した諸問題は多くあり、国際保健について勉強する上でジェンダーに対する意識、教養は欠かせません。

今回の勉強会では、導入講義としてジェンダーの概論から入り、次に途上国におけるジェンダーの現状を知り、最後にワークショップで問題の解決策を探るという形で「開発とジェンダー」について体系的に学んでいきました。

まずはじめに「普段男女の違いを感じるところは?」という身近な話題から和やかなムードで始まりました。


続いて仲佐先生の講義が始まり、ジェンダーの概論をまずしっかりと勉強しました。



その後途上国でのジェンダーの現状、そして問題点と解決策を探るというテーマでグループに分かれてワークショップを行いました。


各班とも活発な議論が行われ、数々の興味深い意見が飛び出しました。


最後に再び仲佐先生から、実際の援助の事例のご紹介があり、勉強会は終了となりました。


あっという間の一日で、短い時間の中で密度濃く勉強できたのではないかと思います。

参加者の皆様からも
「ジェンダーについてあまり知らなかったので、かなり衝撃的でした」
「先生や学生の生の声が聞けてよかったです」
「色々な方とお話できて、たくさんの意見や考え方を聞けて楽しかった」
「短い時間で密度濃く勉強できた」
などといったお声をいただきとても嬉しく思います。

色々至らぬ点もあったかと思いますが、皆さまのお陰で盛会のうちに終了することができました。
仲佐先生、報告して頂いたフィールドマッチング参加者の皆さま、jaih-s運営委員やtuktukの皆さま、そしてワークショップに参加してくれた皆さま、本当にありがとうございました。