ページ

29.1.11

なぜ国際保健???

【連載コラム「国際保健と私」Vol. 2】

こんにちは。6期前半(2010年10月~2011年3月)広報班の伊東と申します。山下に
続き「国際保健と私」というテーマで、いちjaih-s運営委員がどのような経緯から、
国際保健という分野に興味を持ち、こうして関わっているのか、自分の考えを稚拙な
文章となってしまいますが、みなさんに伝えていきたいと思います。

普段の大学生活や部活動では国際保健に興味のない人に囲まれることが多く、
「なぜ国際協力、国際保健をやるのか?」と疑問を持たれることがあります。その理由
に説得力を持たせるには、多くの人にとっては、個人の利益につなげるのが分かり
やすいのかもしれません。例えば、

・鳥インフルエンザなど様々なグローバル化した問題は世界全体での対応が必要。
・発展途上国の生活水準を上げ、安定性を確立することで、日本企業にとっての
安定したマーケットを発展途上国の中に開発できる。
・国連での票獲得や、自然資源獲得のための政治的な理由で恩を売るため。
・満たされた人は不満を持ちにくく、国際テロの防止につながるため。

などなどが挙げられます。これらの項目も重要な目標となり得ますし、達成のための
戦略的なアプローチが必要と言えるでしょう。しかし、個人的な自分が国際保健に
関わる理由の根底にあるものは、これらの個人の直結した利益ではなく、「そこに
生理的に受け入れられない不平等があるから」というものです。

「どこに産まれたのかという偶然によって、土を食べなければならないような人生
になるのか、吐いて捨てるほど食事ができる人生になるのか決まるなんて、そんな
不条理、生理的に受け入れられない。」

この言葉は卒業した大学のOGでJICAに勤めている方がおっしゃっていた言葉で
あり、自分の信条のひとつです。ここには、人類を平等にとらえる思想があります。
個人の利益のみに興味のある人や、逆に人類全体に価値をおかない人にとっては
無意味な信条かもしれません。

しかし、自分は東南アジアを旅行し、ナイジェリアで2年間過ごした中で、病気に
なったら一家路頭に迷うしかない人達や、物乞いをして生活せざるを得ない数多くの
人達と出会い、それに対する日本人という自分の安定が保証されたバックグラウンド
を強く実感し、その差に大きな不条理、違和感を覚えるのです。

学校にて歴史を学ぶ中で、先進国による奴隷はひどい制度だと思い、貴族制は
不平等だと教わることでしょう。しかし、現代であっても、先進国に産まれた貴族と、
発展途上国に産まれた、チャンスの与えられていない人々という不平等の構造は
根強く存在していると言えるのです。

先進国に産まれたことは不可抗力であってそのこと自体に罪があるとまでは思い
ません。ですが、先進国の人には圧倒的な経済的強さがあり、現実を大きく変える力
があります。不平等は是正すべき課題と感じる心があるのであれば、何らかしら人生
の中で行動を起こすべきではないでしょうか。

このような信条に基づいて、発展途上国のために何ができるか考えてきた自分の
人生なのですが、実際、発展途上国の人と接する中で、何が彼らにとって幸福なのか
分からなくなることもあります。

例えば、電気のない生活でも幸福は得られるし、車を買える経済力が必ずしもいい
わけでもない。先進国の生活を押し付けることが、逆にこれまで上手くいっていた
文化を壊し、不幸を引き起こすこともあります。

何が発展途上国の人のためになるのか分からなくなっていく中で、間違いない
普遍的な価値観とは何か考え、究極的なところ、「健康で元気であること」が挙げ
られるのではないかと思い、自分の人生を、平等に健康が手に入る世界をつくることに
少しでも貢献することに費やそうと、志を持つに到りました。

どういう価値観に基づいて、自分の人生を何に費やしていくか、人によって千差万別
だとは思いますが、自分のように考えて国際保健に関わろうとする人もいる。そのことに
少しでも理解をこのブログを読んで得てもらえれば幸いです。

最後まで読んでいただいた方には、稚拙な長文にお付き合いいただきまして、
ありがとうございました。






















(写真は、ブルキナファソの子どもたち)

28.1.11

【2/5・6】ワン・ワールド・フェスティバルへの出展きまりました♪

jaih-s official blogをご覧の皆さんこんにちは♪

このたび、2月5日(土)6日(日)開催予定のワン・ワールド・フェスティバル@大阪国際交流センター(アイハウス)へのブース出展が決定致しました。http://interpeople.or.jp/owf/index.php

【開催概要】
♪日時♪
2011年2月5日(土)10時~17時
2011年2月6日(日)10時~16時

♪会場♪
大阪国際交流センター(アイハウス)
大阪市天王寺区上本町8-2-6(地図

ワン・ワールド・フェスティバルは国際協力に携わるNGOや政府機関・ODA実施機関が集まる、西日本最大級のフェスティバルです!

国際情勢にまつわる映画の放映や各種講演会、5日には海外経験が豊富なルー大柴さん、6日には関口知宏さんのトークショーがあります。民族料理模擬店では民族料理もお楽しみいただけます。

当日、jaih-sブースでは、

1.リーフレットやパネル、プロモーションビデオを用いた活動紹介
2.フィールド実習はじめスタッフが海外で撮りためた写真展示
3.jaih-sオリジナルポストカード販売


などなど行う予定です!

わざわざメールしてまで聞く事ではないけど…といようなjaih-s・国際保健にまつわる疑問をこの機会にぜ~んぶ私達の所へ持ってきてください!可能な限り、全力でお答えさせて頂きます☆皆さまと当日会場でお会い出来る事を心より楽しみにしております♪

皆さま、是非お誘い合わせのうえ、遊びにいらしてくださいね。



21.1.11

すべてはスーダン難民との出会いから

【連載コラム「国際保健と私」Vol. 1】

jaih-sブログをご覧のみなさま、こんにちは!

6期前半(2010年10月~2011年3月)広報班で班長を務めさせていただいている宮崎大学
医学部4年の山下創と言います。(旭川医科大2年の伊東孝晃との班長2名体制です)

広報班では今期、皆さんにより多くの情報をより便利に提供できるようにと、新たにtwitter
やブログを開始し、HPの改良に取り組んでいます。お楽しみいただけていますでしょうか。

今回はみなさんにjaih-sのメンバー(運営委員と言います)が国際保健に対してどのような
思いをもってjaih-sで活動しているのか、ぜひ知っていただきたいと思い、連載コラム「国際
保健と私」を企画しました。

国際保健を志す多くの皆さんがきっと同じような壁にぶつかり、悩んでいる事と思います。
この連載コラムがそうした皆さんにとって、何かしらの力となればとても嬉しく思います。
僭越ながらそのトップバッターを務めさせていただきたいと思います^^

僕が、国際保健という分野に初めて出会ったのはいまから約6年前、ウガンダ北部の難民
居住区でボランティアをしている時でした。当時は東京の大学で国際関係論を学び、将来は
国連職員になりたいと思っていた自分。でも専門性がない事に悩み、実際に途上国の現場
をしっかりと見たことがない事にも悩み、とりあえず途上国に行ってみよう、行けば、何が必
要とされているかもきっと分かるはず。自分の専門性はそれから決めればいいじゃないか。
そう思うようになっていました。

そして単身乗り込んだウガンダ、自分にとって初めての途上国です。自分が活動することに
なったのはADEO(African Development and Emergency Organization; http://www.adeo.or.ke/
というNGOでスーダン難民にHIV/AIDSの予防啓発活動や簡単な診療などの医療を提供して
いました。医療の専門性をもたない自分ができることは本当に簡単なお手伝いに過ぎません
でしたが、難民出身のドクターや、貧しい家庭出身で必死に勉強しナースになったウガンダ人
の同僚(将来はドクターになりたい!と言っていました)と一緒に働く中で、ヒトとその土地と
直接そして深くかかわれる医師という職業に惹かれるようになっていました。

何といっても忘れらないのは多くの難民の子供たちそしてADEOではたらく難民のスタッフたち
と過ごした時間です。子供たちは、屋根もない家で暮らし、お腹は蛋白欠乏で膨らんでいますが、
いつも、本当にいつも笑顔で、僕にも親しげに声をかけてきてくれました。スタッフの人の多くは
非常に勤勉で、祖国スーダンへの思いは強く、常に成長するチャンスをうかがっていました。

守衛をしているスーダン難民の男性が休憩時間にボロボロになった本を読んでいるので、何か
と思って聞いてみると、それは英語の辞書であり、「いつか自分がもっとよい職に就くために、
I'm brushing up my English」と答えてくれた時には、正直鳥肌が立ち、果たして自分は普段から
これだけ努力できているのだろうかと自らを振りかえったのを今でも鮮明に覚えています。

半年間の滞在の内に本当に多くのことを考えさせられました。最初、目に飛び込んできたのは、
アフリカの活気・そして子供たちの笑顔。貧しさなど微塵も感じられませんでした。ただ、1ヵ月、
2ヶ月と時間がたつにつれて、その背後にある構造的な貧困、貧困から抜け出してチャンスを
つかむことが非常に難しい現実がだんだん見えてきました。一方で、子供たちは夢を持ち、
そして才能あふれる、努力を惜しまない魅力的な人達が非常に多くいることにも気づきました。

そんな中、自分はいったい何ができるのだろう?本当に自分である必要はあるのだろうか?
自分はどのように関わりたいのだろう?

帰国後も悩みは尽きませんでした。そして最終的に導き出した答えが医師になるということ。
それはやはり健康、そして命が根本にあると思ったから。健康で、生きてさえいれば、その先
の未来を切り拓く可能性がのこされています。

どんな僻地でもいい。求められている場所で、必要としている人たちに医療を提供したい。彼ら
と深くかかわりながら。その中で新たに見えてくることもあるだろう。単に自分が医療を提供
するだけでなく、医療人材を育てて、自分が去るときにはその人達にあるいは国に託していき
たい。

今は少し先の将来に関して、こんな風に思いを馳せつつ、勉強に、課外活動に励んでいます。
jaih-sの活動を通して、同じような悩みを持つ人たち、国際保健や国際協力に対して熱い思い
を持つ仲間たちが、それぞれ自分の進むべき道を見つけるお手伝いを少しでもできたらと
願っています。