ページ

16.12.11

【2/12@長崎】第31回国際協力ワークショップ「紛争後のカンボジアで − 患者も医療者も病院も国も貧しい中で −」

【勉強会班アピール週間 第5弾】

jaih-sブログをご覧のみなさま、こんにちは^^ jaih-s7期前半運営委員、勉強会班の長崎県立大学看護学科3年中瀬愛里と申します。

勉強会アピール週間ブログ連載企画、いよいよ最終日となる第5弾は、2/12開催予定の31回国際協力ワークショップ@長崎についてご紹介したいと思います★本日も、最後までお付き合いよろしくお願いいたします^^


【テーマ】

「紛争後のカンボジアで 患者も医療者も病院も国も貧しい中で

これが、今回の長崎勉強会のテーマです。
人々の健康には、社会情勢が大きく影響してきます。 

地域武力紛争やテロリズムによる難民の発生は人々の健康に、そして保健医療にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

世界中で行われている様々な人道援助にも関わらず、助けることができない多くのいのちがあります。
いまだ解決されない問題の根本には何があるのか、必要とされている援助とは何なのか
仲佐先生のわかりやすいご講義とワークショップを通して、みなさまと一緒に考えていきたいと思います。

また、世界のいのちと向き合うためには、国際保健に携わる医療者はもちろん、政治や経済、教育など多分野の方々の存在が必要不可欠となります。
そこで本ワークショップでは、医療系に限らず多分野の方々にもぜひ参加していただきたいと考えております。
学生・院生であればどなたでも参加できますので、ぜひぜひご参加ください^^


【内容】

ご講義は、札幌勉強会に引き続きまして仲佐保先生にしていただきます。 

紛争に関するクイズから始まり、地域武力紛争やテロリズムによる難民の発生は人々の健康や保健医療にどのような影響を及ぼすのかを学びます。
そして課題解決のために何が必要となるのかといったことを、仲佐先生のわかりやすいご講義とグループワークを通して考える、参加型のワークショップとなっております☆

国際保健について多くのことを誰もが学べる、とてもわかりやすい勉強会となっておりますので、少しでも興味を持たれた方はぜひぜひお申し込みを^^

与えられた課題に対して皆であれこれ議論します!

皆の前で発表!どきどきの瞬間・・・



【開催概要】

□日時      2012212() 14:00~18:00
□場所      長崎大学医学部 坂本キャンパス内
           熱帯医学研究所 1階大会議室120
□定員      40(先着順)
□参加費      500
 ※企画終了後に会場周辺で懇親会を予定しております。

□募集締め切り  2012210() 14:00まで
 ※配布資料の準備等もございますので、事前の申し込みをよろしくお願い致します。
 ※当日のイベント参加も可能ですが、原則懇親会への参加は出来ませんのでご了承下さい。 

□タイムライン 

14001405  jaih-s紹介

14051410  イントロダクション(講師のご紹介)
14101435  アイスブレーキング,紛争に関するクイズ
14351535  ワークショップ
          〈講義〉緊急人道援助から長期開発へ
15351635  ケーススタディ(グループワーク)
16351645  休憩
16451735  まとめ
          〈1〉各グループからの発表
          〈2〉仲佐先生からのコメント
17351740  jaih-s 今後のイベント紹介
17401745  クロージング
17451800  アンケート記入,回収
1900      懇親会


【お申し込み】

お申し込みはこちらから☆→http://bit.ly/ydqiUB

HP上にあります長崎勉強会のお申し込みフォームへご記入のうえ、jaih-s勉強会班まで送信をお願いいたします^^



【お問い合わせ】

長崎勉強会に関するご質問等は、下記のアドレスへお気軽にお問い合わせください^^

-----------------------------------
問い合わせ先:knowledgejaih-s.net
(☆を小文字の@に変えてお送りください)

-----------------------------------

※件名に「長崎勉強会についての質問」と記載していただきますようお願いいたします。

【最後に…】

12/12から今日までの5日間、jaih-s勉強会班アピール週間と題しましてブログを連載してきましたが、いかがだったでしょうか^^

このブログを通して、少しでも多くの方にjaih-s勉強会の魅力が伝わるといいなと思います★ 

そして、「国際保健について私も学びたい!」「jaih-s勉強会を僕の学校でも開催したい!」と思ってくださる方が今よりももっと増え、国際保健のみちへ進む方がふえること、そして世界のいのちと向き合うこと方がふえることを心より願っております。

【最後の最後に…】

今日までjaih-s 勉強会についてブログを連載してきましたが、このjaih-s勉強会への参加方法が実はもうひとつあるのでご紹介いたします!

その方法とは…

jaih-sの運営委員になる!という方法です^^ 

「私もこんな素敵な勉強会をつくってみたい!」「国際保健に熱い想いをもつ仲間と出逢いたい!」などなど思った方は、jaih-s7期後半(20124~20139)運営委員にぜひご応募ください★

国際保健に興味あるけどまだまだわからないことがたくさん><という方から、これまで勉強してきたことを活かしてなにかしたい!という方まで、誰でも応募することができます。 

----------------------------------------------------------------
jaih-s 7期後半運営委員募集ページ:
http://www.jaih-s.net/modules/eguide/event.php?eid=95
----------------------------------------------------------------




勉強会への多くの参加や勉強会開催のお申し込み、そしてjaih-s運営委員へのご応募などなど、jaih-s運営委員一同心よりお待ちしております!!

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

今後ともjaih-s勉強会班をよろしくお願いいたします。

15.12.11

【1/8@札幌】第30回国際協力ワークショップ『国際保健医療とは?―踏み出そう国際協力への一歩―』

【勉強会班アピール週間 第4弾】

みなさん、こんにちは。7期前半(201110月~20123)勉強会班を担当させていただいております、北海道大学医学部保健学科看護学専攻3年の小川玲実と申します。 

前回は「国際協力ワークショップ」についてご紹介させていただきました♪
今期は、札幌と長崎で開催することが決定しております。

勉強会班アピール週間もいよいよ終盤!4日目となる今日は、そのうちの、札幌で開催されるワークショップの詳細について説明させていただきます(^^)


【テーマ】

札幌で開催するワークショップのテーマは、
『国際保健医療とは?―踏み出そう国際協力への一歩―』です!!!

このテーマは、
国際協力や国際保健に興味・関心がありながら、前に踏み出せていない人、何からはじめていいかわからない人、そんな学生に参加してほしいという思いを込めて設定させていただきました!

また、国際保健=医療分野だと思っている方々に参加していただいて、国際保健の現場では医療系以外のさまざまな専門性を持つ人たちが活躍していることを知ってもらいたいと思っています。

医療系や医療系以外の学生の方、文系の学生の方も大歓迎ですし、勉強会というと堅いイメージと思わずに、気軽に参加していただきたいなと思っています♪


【内容】

ご講義をされる先生は、先日もお話しました仲佐保先生です(^^) 

内容としては、国際協力に関するクイズを交えながら、途上国について、みんなで想像を膨らませながら考えていきます。そして先生の実際のホンジュラスでのご経験を元に、具体的に写真を用いながら、現状について詳しく説明していただきます。 



なぜ先進国では助かる命が、途上国では助けることができないのか、具体的な現状を知った上で考えていきます。 

途上国のニーズや、世界が現在行っている活動を知った上で、自分には何ができるのだろうと考えるきっかけになるはずです(^^)/ 

このワークショップは、まず導入として「国際協力」の中での「国際保健」という分野の位置づけからお話しして頂きますので、途上国の「いのち」にかかわる問題に少しでも興味をもたれた方であれば、どなたでもお楽しみいただけます(^^)

“保健というと医療系学生向けかな???”と思わずに、参加していただきたいなと思います♪


【おすすめポイント☆】

① なんといってもわかりやすいということ!

仲佐先生の実際のご経験を元に、写真を用いて具体的な説明があり、1つ1つ順序立ててご講義されるので、どんどん知識が入ってきます。 

② 参加型だということ!

参加者同士で考えたり、意見交換したりする時間が多く設けられているので、それだけでも知識や考え方が広がって充実しています♪
模造紙を使って皆で考える♪
仲佐先生によるご講義



 








開催概要】

□日時      201218() 14:001800
□場所      北海道大学 学術交流会館1階・第4会議室
              会場地図はこちらから
※開催場所には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。
□定員      40(先着順)
□参加費       500
また、企画終了後に会場周辺で懇親会を予定しております。
□募集締め切り  2011161400
※印刷物の都合もございますので、事前の申し込みをよろしくお願い致します。
当日のイベント参加も可能ですが、原則懇親会への参加は出来ませんのでご了承下さい。
□タイムライン
14001405 jaih-s紹介
14
051410 イントロダクション(講師のご紹介)
14
101435 アイスブレーキング 国際保健クイズ
14
351505 【前半講義】国際保健総論
15
051605 グループワーク(1)「ホンジュラスの子供のケースに関して」
16
051620 休憩
16
201705 グループワーク発表とまとめ
17
051720 グループワーク(2)「プライマリーヘルスケアクイズ」
17
201735 【後半講義】プライマリーヘルス 
17
351740 jaih-s 今後のイベント紹介
17
401745 クロージング
17
451755 アンケート回答タイム
19
00 懇親会 


【お申し込み】

お申込みは、HPからお願いします(^^)
先着順ですので、関心を持った+その日は空いている!という方、すぐにご応募ください♪→→→お申し込みはこちらから

皆様のご参加お待ちしております♪ 


【お問い合わせ】

札幌ワークショップへのお問い合わせは、knowledgejaih-s.net(☆を小文字の@に変えてお送りください)までお願いします。

その際に、件名は「jaih-s札幌ワークショップについての質問」と記載して下さいね★


明日は、札幌ワークショップに引き続き、長崎で行われるワークショップについてご説明させていただきます♪今期の勉強会は北から南へと大移動です(^^)
それでは明日もこうご期待―♪


14.12.11

【jaih-s勉強会を自分の大学に♪】国際協力ワークショップとは

【勉強会班アピール週間 第3弾】

みなさん、こんにちは。7期前半(201110月~20123)勉強会班を担当させていただいております、北海道大学医学部保健学科看護学専攻3年の小川玲実と申します。

1弾、第2弾に引き続き、勉強会班アピール週間3日目の今日は、
「国際協力ワークショップ」についての説明をさせていただきます♪


【国際協力ワークショップとは?】

国際協力ワークショップとは、「国際保健医療を学びたくても、学ぶ機会が少ない!」と、いう学生の声から発足しました。

jaih-sの設立目的のひとつである、「学生のうちからの学びをサポートし、幅広い人材をつなぐ」ことを促進するため、そして日本の各地方においても同様の勉強会を開催することで地方の学生にも国際保健医療を学ぶ機会を設けるために行われています。

♪国際協力ワークショップの様子♪


【講師の先生】
 
国際協力ワークショップでは、国立国際医療研究センターの仲佐保先生にご登壇いただきます。仲佐先生は、1981年、第八次カンボジア難民救援医療チームに派遣されたのをきっかけに、医関して国際医療協力に携わられており、ボリビア、パキスタン、ホンジュラスなどで長期専門家、リーダーとしてご活躍されてきました。先生には、この国際協力ワークショップの企画以外にも、jaih-sの様々な企画でご協力頂いています。


【国際協力ワークショップの特徴(^-^)/】
 
この勉強会の特徴はなんといっても、国際保健医療を学びたい学生さんやサークルなどの団体が、先生を自分の地域にお呼びして、講義を受けることができるということです♪

日本全国を対象にしておりますので、普段、関東圏・関西圏で行われている企画に、遠いという理由で、なかなか参加することができない地方の学生さん必見の勉強会です!☆


【開催までの流れ】

ファーストコンタクトから国際協力ワークショップ開催までのおおまか流れは以下の通りとなります。

STEP 1)開催したいと思ったら、勉強会班にメールで開催要請
STEP 2)先生とやりとりし、日時・テーマを決定
STEP 3)広報開始(jaih-sが全面的にサポートします)
STEP 4)当日開催
STEP 5)報告


【ワークショップのコンテンツ】
具体的内容としては、以下の6つのコンテンツから、受けたい講義を選びます。

(1)国際保健医療とは
(2)紛争後の中で―患者も医療者も病院も国も貧しい中で
(3)エイズ罹患率30%を超えるアフリカで子供たちは?
(4)国際保健における「看護」
(5)災害医療/緊急支援
(6)プライマリーヘルスケア(PHC)

選んだテーマをもとに、参加型のワークショップを実施します!(^^)
どのコンテンツも充実していて、学びが深まること間違いなしですよ♪

とてもわかりやすくて、楽しいワークショップは、国際保健について既に勉強している人はもちろんのこと、興味や関心を持ち始めた人にとっても学びのきっかけになると思います(^^)


【今期の開催予定】
今期は、札幌と長崎で国際協力ワークショップを実施します(^o^)/
**************************************************************
第30回国際協力ワークショップ@札幌
1/8() 国際保健医療とは―踏み出そう国際保健への1歩―
第31回国際協力ワークショップ@長崎
2/12() 紛争後の中で―患者も医療者も病院も国も貧しい中で
**************************************************************
お近くにお住まいの方、ぜひご参加ください♪
詳細については第3弾、第4弾のブログでもお伝えしたいと思います。

国際協力ワークショップの概要、おわかりいただけたでしょうか。

HPには過去の国際協力ワークショップの概要を掲載しておりますので、興味を持たれた方はご覧ください。勉強会ホームページへは、こちらから

国際協力ワークショップを開いてみたい、私の学校にもきてくれるの?など、jaih-s国際協力ワークショップに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

<お問い合わせ先>
knowledgejaih-s.netまで(☆を小文字の@に直してお送りください)
その際、件名には『jaih-s国際協力ワークショップに関するお問い合わせ』としていただけると嬉しいです。

明日は、今日ちょっとだけご紹介した札幌で開催する勉強会についての詳細について書きたいと思います。お楽しみに(^^)

13.12.11

【全貌初公開!?】jaih-s勉強会とは

【勉強会班アピール週間 第2弾】

jaih-sのブログをご覧のみなさま、こんにちは!7期前半勉強会班、長崎県立大学看護学科3中瀬愛里と申します。 

勉強会班アピール週間ブログ連載企画第2弾では、「そもそも勉強会って何?><」といった疑問をお持ちの方々のために、jaih-sの勉強会とはどのようなものなのかご紹介していきたいと思います。ぜひ最後までお付き合いくださいませ^^ 


-- jaih-sの勉強会とは --

みなさまは、「国際保健医療に興味はあるけど身近に学ぶ機会が少ない…」と感じたことはありませんか?また、医療系以外の学部に所属されている方は、「専門的な話についていけないのでは…」といった不安などから、今一歩積極的に学べずにいるなんてことはありませんか? 

jaih-sの勉強会は、そんなみなさまの声にお応えして、地方在住の学生であっても、医療系以外の他分野の学生であっても、誰でも国際保健医療について身近に学ぶ機会を得られることを目的のひとつとして、全国各地で開催されている国際保健医療勉強会です!


-- jaih-sの勉強会の特徴 --

jaih-sの勉強会は、国際保健医療に興味はあるんだけど、まだあまり詳しくない><という初心者の方から、国際保健のこのテーマを突き詰めたい!という上級者の方まで様々なレベルのコンテンツを用意しております。 

jaih-sが皆さんにご提供する勉強会には大きく分けて「国際協力ワークショップ」「オリジナル勉強会」2種類があります。

 「国際協力ワークショップ」は地方の学生さんの要請にこたえる形で、jaih-sが講師の先生を紹介する非常に画期的な勉強会になっています。こちらの詳細につきましては、また明日のブログで紹介したいと思います。



一方で、「オリジナル勉強会」はそれぞれの期の勉強会班のメンバーが、その時々のホットトピックを取り上げて、独自のテーマで勉強会を企画開催するものです。2011年は大阪、徳島でそれぞれ、「日本から世界につなげよう!国際保健と地域医療~rehabilitationの役割~」「ザンビアの現状から学ぼう!より国際よい保健とは?というテーマで開催されました。











過去のオリジナル勉強会に関してはぜひホームページをご覧ください♪


-- jaih-sの勉強会参加方法 --

ここまで読んでくださったみなさまは、「その勉強会どうやったら参加できるのかしら?」と思われたのではないでしょうか^^

jaih-sの勉強会への参加方法は、以下の3つが考えられます。


1jaih-sが企画した勉強会に参加する

こちらは、オリジナル勉強会への参加になります。jaih-sでオリジナル勉強会を企画した際には、ホームページやtwitterfacebook、ブログなどで情報を随時UPしていきます!ぜひjaih-sホームページより参加申し込みを行ってください^^


2.国際協力ワークショップに参加する

今期であれば、【1/8札幌勉強会】【2/12長崎勉強会】がすでに予定されております。これら勉強会の詳細を見て、行きたいな♪と思ったらjaih-s HPから申し込みをすませ、当日に会場へ足をお運びいただければ、素敵な勉強会をお届けいたします^^こちらも、ホームページやtwitterfacebook、ブログなどで随時情報をUPする予定ですので、チェックをよろしくお願いいたします!


3.自分で国際協力ワークショップを企画する

こちらは、「ぜひ自分の大学で勉強会を開きたい!」「僕の団体で開催したい!」といった方々に必見です^^ 思い立ったら、ぜひ下記の勉強会班お問い合わせ先までご連絡ください!どのような勉強会を開催することができるのかについては明日以降のブログで詳しくご紹介したいと思いますので、おたのしみに♪


-- 最後に --

jaih-s勉強会の開催や参加のために必要なものは、国際保健医療を学びたいというあなたのその熱い想いです!

 みなさまからの勉強会開催のお問い合わせや参加申し込み、jaih-s勉強会班一同心よりお待ちしております^^
 

-- 明日の予告 --

明日は、勉強会のコンテンツのひとつである「国際協力ワークショップ誰にでもわかる国際保健についてご紹介したいと思います。
 

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました(^^)/ 

----------------------------------
問い合わせ先】
knowledgejaih-s.net
(★を@に変えてメールをお送りください)

jaih-s勉強会HPはこちらから♪
----------------------------------